ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山梨で一番の激坂 | main | 金木犀と雨と浅草橋 >>
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.03 Sunday

走行会

懸念していた天気と腰の具合が順調だったので、
Springwind230http://www.asahi-net.or.jp/~gr2f-kizm/の走行会に参加することに。
ショップ主催の走行会も、団体で走るのも今回がはじめて。
はじめてのときにしか味わえない緊張感は楽しい。

集合時間はショップに9時。
昨夜は何だかんだで3時過ぎまで起きていたので、寝過ごしてしまうかと心配だったけれど、7時には眼が覚める。
昔からそうなのだけれど、僕は普段朝が弱いくせに旅へ出る日はすんなり起きることができる。
我ながら現金な体質だ。

家を出たのが早かったため、時間調整で30分ほど迂回する。
140号沿いでロードとも2,3台すれ違い、手を上げて挨拶をする。
自転車というのは基本的に紳士的なスポーツだと思う。

ショップに着くと既にアオヌマさんが来ていた。
新たなツーリング仲間を物色している、と獲物を狙うハンターのような事を言っている。
次々に人が集まって来るが、ランドナーやミニベロも混ざっていて予想と随分違う。
ロードだけじゃないんだ!?
(あとで聴いた話だと、いつもはロードばかりでペースも速いらしい)
更に出発時刻直前に女性が加わわると、一部の人々が明らかに色めきだつ。

大集団の為か、普段よりペースはゆっくり。
列もバラけ気味なので、狭い道を走っているときは車に気をつけなければならない。
みたまの湯方面から芦川へ向かっていると、見慣れたブラックとグレーのジャージのローディとすれ違う。
コウノさんじゃないですか!
限られた時間をフル活用するその熱意には恐れ入ってしまう。合流し、ゆったりと芦川沿いを上る。

途中、アオヌマさんから姿勢について指導を受ける。
「骨盤を立てる」ことは知識として知っているけれど、自分で自分の走る姿は見れないので勝手がわからない。
その感覚がどういうものか、ようやく感じ取ることができた!
コレだけでも今日走りにきた価値があるというものです。

ゆったりペースに飽きて少し飛ばすと、3人組の若者に追いついたので後ろにつく。
大声で関西弁(?)で話をしたり、ハンドルから両手を離して走ったり、歌を歌ったりとかなりみっともない。櫛形山林道で出会う猿の群れの方がマナーがいい。紳士的なスポーツにも例外はいるものだ。
ただし、競技で鍛えたのか3人とも見事に締まって日に焼かれた脚をしている。
手抜きして走っているのが見え見えで、たとえ追い越したとしてもすぐに越し返されてしまうだろう。
3人組は休憩地点の芦川農産物直販所の手前から急にペースアップし、そのまま背中が遠ざかっていく。
コウノさんは「あの連中を追い越してくれることを期待していたのに」と言ったけれど、
さすがに無理です。
午前中までのコウノさんとはここで別れる。

コルナゴ MASTER X-LIHGT
エンペラー ランドナー
パナモリのクロモリトリオ。

コルナゴはオーラが違うね・・・。


他のメンバーは若彦トンネル手前の川座敷で昼食を取るようだが、休憩ばかりで走り足りない。
アオヌマさんと話をして富士吉田のうどん屋まで行くことに。
若彦トンネル〜川口湖畔を一気に抜ける。
それにしても富士五湖周辺は観光客が多い! B―1グランプリ効果かな?


噂の吉田うどん「しんたく」で昼食。
吉田うどんなのに麺が旨い。まるで讃岐うどんみたい。なのだけど歯応えはやはり吉田。
大混雑なのも頷ける。
僕たちの食事が済んだ頃には麺が売切れ、木更津ナンバーの客を断っていた。
遠くから来たのに可愛そうに。

店を出ると雲行きが怪しくなってきたので、御坂峠から最短ルートで甲府盆地へ。
今度時間に余裕があるときには、御坂みちにチャレンジしてみたいな・・・!?

Springwind230でアオヌマさんと別れ帰路に就くと、
アイメッセ付近で走行会のメンバー数名とすれ違う。
一体どこを走ってきたのだろう?



家で着替え、喫茶店でコーヒーを飲んで疲れを癒す。
店を出ると金木犀が香っていた。
毎年、金木犀の香りを嗅ぐとしみじみと秋の訪れを感じる。

しかし秋はロードで走りたいし、
音楽も聴きたいし、
読みたい本も溜まっているしで時間が足りない。

で、ボブ・ディランを聴きながらこのブログを書いているわけです。


本日の走行距離
125.2km



JUGEMテーマ:ロードバイク総合
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

コメント
ぐっどさん、こんばんは。
抜きたいけど、抜けない〜。
そういうシチュエーションあったりしますねぇ。
抜かれざまに「どや?!」みたいな顔されるとムキになって追ったりして。(笑)
私はいつも少人数か一人で走っているせいか、「抜きつ抜かれつも修行のうちさ。」と思っているので、
そんな3人組をみたら、ダメ元でがんばっちゃいます。
それでは。
Laundryさん、コメントありがとうございます!

そうなんですよね〜。
すっきりと抜いちゃいたい気持ちももちろんあるんですが、
根がツーリストのせいか競争をするよりもマイペースで走ることを優先させちゃうのかも。

よかったら、ちょくちょく遊びにきてください。
  • ぐっど
  • 2010.10.09 Saturday 20:16
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR