ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 霧のフルーツ公園、Mt.富士ヒルクライムエントリー | main | 帰宅ルート >>
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.03.21 Wednesday

「朝練」に参加

3/21(水)

前から一度参加してみたかったのが、JA春日居の前で行われている「朝錬」。
今までは寒さと現地に向かうまでの暗さがネックとなり、二の足を踏んでいた。
・・・というのは建前で、実際はレベルの違いに恐れ戦いていたのいうのが事実だけど(笑)

しかし、寒さが和らぎ、暗い時間帯に走る頻度もそれほどなくなってきた今、
自分に対する言い訳もできなくなってしまった・・・。



5:10出発

まだ周囲は暗いので、道を走る車はみんなヘッドライトを点け、結構なスピードで飛ばしている。
ここのところ暖かくなってきたとはいえ、太陽が姿をあらわさない早朝はまだまだ冷え込みが強く、人影は見当たらない。
しかし日が昇ってくるにつれ、街にランニングやウォーキングやゴミ出しをする人の姿がぽつぽつと現れてきた。
練習場所のJA春日居前に到着する頃には日もすっかり高くなり、爽やかな朝を迎える。


6:00JA春日居前到着

集合場所には渡辺さんと鈴木君がスタンバッていた。
ふたりともTTバイク、エアロヘルメット使用で気合充分。
「付き位置で走りますので練習に参加させてください」とお願いすると、
快くOKして頂いた。

さっそく練習開始。
今日はペースゆっくり目のテンポ走、と聴いてちょっと安心するが、
開始早々その甘い考えがとんでもない間違いだったことを思い知る。
片道2Kmのコースをひたすら往復するのだけど、
朝から心拍数が155〜164を行ったり来たりしている。
しかも復路では向かい風が強く、前走者とちょっと離れるとすぐに風圧を受けて間が開いてしまい、
詰めるために脚を使ってしまう。
2往復したところで白川さんが合流。
他の3人が片道ずつで先頭交代するが、僕はひたすら付き位置で千切れないことだけを念頭に走る。
だけど3本目から少しずつ辛さが増して行き、4本目か5本目には千切れてしまった。
(いっぱいいっぱい過ぎてどこまで持ったかも不明)

その後も合流しては千切れるの繰り返し、最後の往復が終わったときにはもうヘロヘロ。
しかしその後も練習メニューは続き、スプリント錬やゼロスタートからケイデンスを一気にMAXまで持っていく練習などをこなして、7:00練習終了。


突然の参加にもかかわらず、快く応じて頂いた皆さんに感謝します。
しかし、そうは言っても付き位置で千切れてしまうのは悲しい。
何度も練習すればいつかローテーションに加われる日が来るのだろうか・・・?

練習場所から会社まで自走し、7:45会社に到着。
寝不足と疲れのため、始業時間までしばらく仮眠して体力を回復させる。


終業後は、朝練習した場所まで遠回りして回復走。
と言いつつ、朝錬の効果なのか脚がよく回ってペースが上がり、
いつの間にかいつものトレーニングと同じペースに戻っていた。



走行距離 110.57
走行時間 3:53:49
平均速度 28.37
最高速度 54.10
平均ケイデンス 89
平均心拍 132
最大心拍 164


JUGEMテーマ:ロードバイク総合
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR