ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【クロストレーニング】 リハビリ走#3 | main | 【レース】 第9回甲斐梅の里クロスカントリー >>
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.02.23 Saturday

酸素カプセル、味噌仕込み

2/23(土)

朝一に街のスポーツ接骨院で膝を診てもらう。

ここ2週間足繁い続けたおかげで、ほぼ膝の痛み、違和感は消えた。
今日はダメ押しというか、マッサージもさることながら酸素カプセルの効用を期待しての通院だ。

何度か酸素カプセルに入ってみたけれど、僕の場合は気圧1.35までじわじわと上げてもらうといい感じに効いてくる。
もっと慣れてくると一気に気圧を上げても平気になるのだろうけど、今時点では急激に上げると空気抜きが追いつかずに耳がキーンと鳴って結構キツいのだ。
カプセルに入っているのは40分、何をしていても構わないのだけど、軽く腹筋、ストレッチ、そして雑誌を読んだりしているとあっという間に時間が経ってしまう。

カプセルから出ると深い眠りから覚めた時のように頭と身体がスッキリとして、色彩が豊かになっている。身体の隅々まで神経が通っているのを感じ取ることができる。
人によって意見は様々だけど、僕の場合は酸素カプセルが身体に合っているようだ。


帰宅してからは味噌仕込み。
例年は3月になることが多いけれど、今年は家族全員のスケジュールが合ったので2月に前倒ししての実施。味噌は「寒仕込み」が良い、と言われるくらいなので、なるべく寒い時期に作った方が美味しい出来上がりを期待できる。(5月くらいまで作れるみたいだけど)

まずは指で潰れるようになるまで大豆を煮る。(3時間)



続いて熱々の状態で大豆をミキサーで粉々に砕き、少し冷ましてから塩、麹と混ぜる。
随時煮汁を加えて、固すぎず柔らかすぎずの状態にする。目安としてはうどんよりも柔らかいくらい?



全部終わったら団子状に丸め、空気を抜くために甕に投げ入れる。
最後に表面一面に塩を満遍なく敷き詰めてカビが出ないように対策して、薄紙で外を覆っておしまい。(1時間)

この作業を2回繰り返すので、3人がかりで作業分担したとしても7時間、ほぼ丸々一日かかってしまう。


大豆7kg、塩3kg、麹(我が家は米3:麦7の割合)7kg、とかなり大量なので、家族5人で1年分以上は優にある。
今年は曙大豆を使ったので、仕上がりが楽しみだな。
普通に煮豆として食べても粒がとても大きく、甘みがあって美味しかった。

ところでよくよく考えてみると、今回の材料費が約13000円。日当1万円だとして、3人で30000円=合計43000円で、出来上がるのが30kgである。(水を含んだだけ重さが増える)
つまり、この味噌で商売するなら原価でキロ1400円以上で売らなければならない。(梱包、営業、送料等は除く)
それって結構ハードルが高い話で、つまりは日当1万円=月20万円稼ぐのが如何に大変なのか、ということなのです。



JUGEMテーマ:整体
JUGEMテーマ:手作り味噌 
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR