ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【自転車】 回復週間 | main | 【筋トレ】 バランスボールで筋トレ >>
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.08.09 Saturday

【自転車 レース】 全日本9時間間耐久サイクリングinつくば

今日は松本さんに誘っていただき、Team Splash Bチームの一員として全日本9時間間耐久サイクリングinつくばに参加。
こういうエンデューロの耐久レース、それもチーム戦に出るのははじめてなので、とても楽しみ。

始発で輪行してつくばサーキットに向かう・・・が、何とヘルメットとサングラスを忘れるという大失態。
普段はジャージで輪行するときには流石に忘れるようなことはなかったけれど、普段着で輪行したらド忘れしてしまった・・・。幸い貸していただくことができたので、なんとか事なきを得たけれど、いやはや申し訳ありませんでした。

7:45頃つくばサーキット着。
急いで着替えて、交替時のやり方などを確認していると、すぐに集合時間がやってきた。

今回、Team Splashはシニア、A(ロード男女混合)、B(ロード男子)、C(ロード男子)の4チームで臨む。
目標はシニアとAチームの優勝。B、Cチームもなるべく上位を目指す。

Bチームは僕、石田さん、伊勢島さん、野崎さん、雨宮さん、5名で、30分毎にローテーションする作戦。
僕は最初と最後を含めて、計4回走ることになる。
コースはほぼ平坦で、急なコーナーが何箇所かある。


1回目
走行時間
:
0:36:06
距離
:
24.20 [km]
獲得標高
:
44.6 [m]
蓄積ストレス
:
69.8
最大ケイデンス
:
119.0 [rpm]
平均ケイデンス
:
91.8 [rpm]
最大スピード
:
52.4 [km/h]
平均スピード
:
41.9 [km/h]
最大ペダリング・パワー
:
771.8 [W]
平均ペダリング・パワー
:
210.3 [W]
平均ペダリング効率
:
43.1 [%]
平均パワーバランス
:
51.3 : 48.7 [%



最初の4分の3周はパレード走行なので、コースを把握する。
特に難易度の高いコースではないけれど、台風の影響で若干風がある。そしてこれは台風の恩恵?で、涼しい。スタート直後なので集団はまとまっていて、ペースもそれほど速くない。
シニアチームの小野さんとAチームの杉本さんは1時間走る作戦なので、30分経過前にふたりにお別れを。と、そこで小野さんに「最後はダッシュだな!」と乗せられ、調子に乗って踏んだのはいいけれど、ピットに入るタイミングを逃してしまい、もう1周する羽目に。アタックをかけたヘロヘロの状態で、集団最後尾にぶら下がってピット・イン・・・。


2回目
走行時間
:
0:38:56
距離
:
26.80 [km]
獲得標高
:
35.0 [m]
蓄積ストレス
:
79.4
最大ケイデンス
:
109.0 [rpm]
平均ケイデンス
:
88.5 [rpm]
最大スピード
:
51.3 [km/h]
平均スピード
:
41.3 [km/h]
最大ペダリング・パワー
:
683.7 [W]
平均ペダリング・パワー
:
238.4 [W]
平均ペダリング効率
:
44.6 [%]
平均パワーバランス
:
52.0 : 48.0 [%]



交替直後は身近にちょうどいい集団がいなくて、単独走。
すると4〜5人の小集団がいたので乗っかってみたけれど、遅かったのでペースアップ。脚が合う人をひとり炙り出して、ふたりで協調して回す。うまい具合に先頭集団に入ることができたので、坦々とローテを回して過ごす。後ろから追いついてきた杉本さんによって集団が活性化(笑)した状態で、1周走ってピット・イン。


昼休憩に、松本さんから今後の作戦についての説明がされる。
シニアはダントツ1位で、Aチームは4位。Aチームをなんとか押し上げるために、他チームが協力して積極的にアシストすることになった。

3回目
走行時間
:
0:26:43
距離
:
17.60 [km]
獲得標高
:
23.5 [m]
蓄積ストレス
:
50.7
最大ケイデンス
:
107.0 [rpm]
平均ケイデンス
:
85.6 [rpm]
最大スピード
:
47.3 [km/h]
平均スピード
:
39.6 [km/h]
最大ペダリング・パワー
:
623.6 [W]
平均ペダリング・パワー
:
229.3 [W]
平均ペダリング効率
:
45.5 [%]
平均パワーバランス
:
51.4 : 48.6 [%]



だんだん風が強くなってきた。
走り出してからしばらくの間、サイコンのスタートスイッチを押し忘れていたので、2周くらいデータが不足している。
Aチームの杉本さんと同時にスタートし、まずはふたりでペースアップを心がけて踏む。すると、しばらくしてから遅れて交替した小野さんが単独で追いついてきた。僕たちのペースだって決して遅かったわけではないのに、この人はどこまで超人なんだ・・・(汗)。
何はともあれ心強い味方が増えたのは間違いないので、3人で協調してローテ。しかし、とにかく小野さんの引きが強い。時々他のチームもトレインに乗ってくるのだけど、ほとんど誰も引かないし、引いたとしてもペースが遅い。
しかし、僕もこのハイペースに対応するのがじわじわと厳しくなってきて、中盤からは
付き位置⇒力を溜める⇒先頭をできる限り強く引く⇒力尽きて付き位置⇒・・・
の繰り返し。とにかくアシストとして、時間と力の限界まで貢献して、ピット入り。


4回目
走行時間
:
0:33:24
距離
:
20.70 [km]
獲得標高
:
40.0 [m]
蓄積ストレス
:
63.0
最大ケイデンス
:
106.0 [rpm]
平均ケイデンス
:
85.4 [rpm]
最大スピード
:
46.1 [km/h]
平均スピード
:
37.2 [km/h]
最大ペダリング・パワー
:
547.2 [W]
平均ペダリング・パワー
:
230.2 [W]
平均ペダリング効率
:
45.0 [%]
平均パワーバランス
:
51.3 : 48.7 [%]



泣いても笑ってもこれが最後の走行。
この時点でAチームと3位との差は1分30秒ほど。厳しいけれど、可能性が0ではない。
僕の方が若干スタートが早かったので、杉本さんを待ってからふたりで回す。杉本さんの方が強いうえ、ここまでの消耗が激しくてキツい。僕が徐々に引く比率が減っていく。
そこそこ速い集団があったのでとりあえずブリッジしたけれど、ペースが上がらないうえに、ただ張りついているだけでほとんど引かない人ばかり・・・。しかし僕はもう虫の息なので、集団内で休んで少し回復したら引く、という先ほどと同じことしかできない。小野さんがいない分、杉本さんの負担が大きくなり、さすがの杉本さんと言えどもペースが上がらなくなってきている。
すると、スタート地点を通過したところであと3分で次の周回に移れなくなる、というアナウンスが聴こえた。何とか3分以内にあと一周しなければならない。とにかくできるかぎりのペースアップを試みる。あと少し、あと少し・・・。最終コーナーを曲がったところで完全に力尽きて、踏むのをやめる。しかし無常にも、次の周回に移るにはあと10秒ほど足りずタイムアップ。まったく引かなかった人たちが、最後にスプリントだけはしていたのには、笑ってしまったけれど。


結果
シニア 1位
Aチーム(男女混合、ロード) 5位入賞
Bチーム(男子ロード) 14位
Cチーム(男子ロード) 40位

あれだけ頑張ったけれど、残念ながらAチームはひとつ順位を落として5位。ペースが良い集団に入ることができなかった不運もあるけれど、それを取り返すことができなかったことも含めて今の実力なんだろう。来年はリベンジしたいな。

終わってみれば、台風の影響がいい方向にばかり作用したという、稀有な大会だった。
きっと参加者の皆さんの普段の行いが良かったのだろう。(と、MCの白戸太郎さんも話していた)

帰りはBチームの伊勢崎さんと一緒に食事して、繋がりの良い線まで乗せて行ってもらう。助かりました。

松本さんやBチームのメンバーをはじめとして、チームスプラッシュの皆さんとも交流ができて、とても楽しかったです。
設営や忘れ物(恥)の貸し出しなど、色々助かりました。
またよろしくお願いします。今度は忘れ物をしませんので!



JUGEMテーマ:ロードバイク総合
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

コメント
お疲れ様でした。
楽しんで戴けたなら幸いです。
自転車以外の忘れ物はどうにかなりますので、来年も是非ご参加ください(^_^)。
  • マツケン
  • 2014.08.11 Monday 05:13
当日は大変失礼しました!m(__)m

レースそのものもですが、チームスプラッシュの皆さんの連帯感も素晴らしくて、楽しかったです!

こちらこそ、是非来年もお誘いをお願いします~!
  • あっしー
  • 2014.08.11 Monday 12:39
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR