ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8月25日〜8月29日 | main | 気になるアイツ >>
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.08.30 Saturday

【自転車 レース】 Time Trial Japan Stage3 袖ヶ浦 ノーマル チーム

4:00起床。
昨夜仕事を終えて家に帰ってきたのが0時過ぎなので、睡眠時間は3時間ほど。眠い。
電車の中で可能な限り眠る決意で出発。

京王線で中河原〜新宿、総武線/内房線で新宿〜五井、小湊鐵道で五井〜上総牛久、乗り換え含めて3時間ほど。
すっかり輪行マスターな感じになってきた。乗り換えの度に起きなければならないけれど、それでもトータル1時間半くらいは眠れたかな。
しかし寝ぼけ眼で移動していたのが問題だったのか、どこかでサングラスを紛失するという失態を犯す。最近こんなんばっかだ・・・。


駅に到着すると、結構雨が降っている。
身体を冷やしたくなかったので合羽を羽織り、上総牛久駅から会場となる袖ヶ浦サーキットまで軽くアップする。
短いアップダウンが続くので、上りは300Wほど、下りは回すだけで刺激を与える。
会場にはすでにフォルジークのメンバーは到着していた。
しばらく話をしたりレースを見たりして、レース開始時刻の1時間前に青沼君と一緒に再度アップへ。
アップダウンがあるのでTTTという感じではないけれど、さきほどと同じ要領で先頭上り時に300W位の感覚で。
最近落車した青沼君が、下りでかなり怖そう。と同時に、僕のバイクが途中からシフトチェンジできなくなってしまい、かなり焦る。
とりあえず会場に戻り、メカニックに見てもらうと、なんとシフトワイヤーが切れていた。
昨日までは問題なかったから、今日一日は持つと思っていたのに・・・。
しかし、考えようによっては、レース中ではなくレース前に問題が発覚したのが良かったのかもしれない。物事はなるべくポジティブに捕らえた方が良い。

逸る期持ちを抑えながら、アルティメット部門で個人TTに出場している杉本さんと渡辺さんを応援している間に、メカニックの方が恙無く作業してくれたおかげで、無事レースに間に合うことができた。ありがとうございました。


今回のメンバーは鈴木君、青沼君、僕の3名。
コースは緩やかなアップダウンが続き、平坦はほとんどなく、雨は止んだものの路面はウェット。
ヘアピンカーブが2箇所あるので、コーナーは相当気をつける必要がある。
ということを頭に叩き込んで、スタート。

しかし、想像していたのと実際に走るのとは大違いで、今までのコースとは全然勝手が違う。
青沼君が落車の影響で下りに恐怖心があるので、なるべく彼に下りを引いてもらう。
しかし、軽量級の青沼君の後ろでは、身体の大きな鈴木君と僕の脚が余ってしまう。
そのうえ、上り返しがインターバルとなってしまい、青沼君の消耗が激しい。
僕もうまくリズムに乗せることができず、TTTというよりはインターバル練のようになってしまい(一番良くないパターン・・・)、あっという間に終了。

(最初の数十秒はスタートボタン押し忘れ)
走行時間
:
0:07:06
距離
:
4.40 [km]
獲得標高
:
31.6 [m]
蓄積ストレス
:
21.3
最大ケイデンス
:
112.0 [rpm]
平均ケイデンス
:
89.9 [rpm]
最大スピード
:
49.0 [km/h]
平均スピード
:
37.3 [km/h]
最大ペダリング・パワー
:
594.8 [W]
平均ペダリング・パワー
:
276.6 [W]
平均ペダリング効率
:
47.6 [%]
平均パワーバランス
:
53.4 : 46.6 [%]



公式リザルト 3位 7分40秒

う〜ん、正直上手く行かなかった。
次回(来年?)リベンジです。

アルティメットでチームTTに参加した渡辺さん、杉本さん、雨宮W君は2位獲得!
トータルでは盛り上がったレースでした。



レース後に雑誌などでもお馴染みのmasahifさんとお話しする。
ちょっと身体を曲げたりゆっくり自転車に乗ったりしただけなのに、現状の問題点を鋭く指摘されて、まるでシャーロック・ホームズに依頼した人みたいに驚いたの何の。
自分の身体って、思っていた以上にわかっていない。


レースが終わったと同時に素晴らしく晴れ渡り、皆でご飯へ。
僕は罰ゲーム? で自走して会場の「食事処 やまよ」に向かう。

 
走行時間
:
0:47:57
距離
:
25.30 [km]
獲得標高
:
43.1 [m]
蓄積ストレス
:
78.6
最大ケイデンス
:
111.0 [rpm]
平均ケイデンス
:
87.7 [rpm]
最大スピード
:
49.9 [km/h]
平均スピード
:
31.8 [km/h]
最大ペダリング・パワー
:
555.6 [W]
平均ペダリング・パワー
:
207.4 [W]
平均ペダリング効率
:
44.1 [%]
平均パワーバランス
:
54.5 : 45.5 [%]

道に迷って随分遠回りに。
疲れた・・・。

お昼はイナーメのポールさんも同席して、魚料理に舌鼓を打つ。



ポールさんとははじめてお話したけれど、その誠実な人柄に感銘を受けました。
腰が低くて、頭が良くて、そのうえ強くて、本当にいい人。

ここで皆と別れ、木更津駅から輪行の旅へ。
昼の都心を避けたら、3時間半もかかってしまった。
その代わり、良く眠ることができた・・・。

とりあえず一旦帰宅して荷物を置き、なくしてしまったサングラスの替えを物色にYOUCAN武蔵村山店へ。
近々新たな商品が入荷する予定とのことだったので、また来よう。
いい感じに疲れが来ていたのか、帰り道に段差に引っかかって落車してしまい、肘と膝に結構ひどい擦過傷を負う。

またしばらくの間、サランラップのお世話になるのか・・・。

何だかんだでトータル3時間強自転車に乗った一日でした。


P.S
袖ヶ浦サーキットでは同日に4時間のエンデューロイベントが行われていたのだど、僅か10分足らずのタイムトライアル直後に、4時間走るエンデューロが行われるというのは、ちょっと複雑な気分・・・。





JUGEMテーマ:ロードバイク総合
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR