ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< −5℃ | main | ローマ人の物語 >>
2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.01.15 Thursday

探し物はなんですか

Prairie Wind
Prairie Wind

In Rainbows
In Rainbows

地元のレコード店でHMVではもう手に入らない、少し前の新品LPを見つけた。
こういうことがあるからたまにはレコ屋に顔を出さなければいけませんね。
ニール・ヤングにはJBL、レディオヘッドはB&Wが良く合う。
当然!?


そのB&W SS30と言えば、購入してからというもののセッティングを何もいじっていない。
位置はそのままだし、ケーブルも白黒ベルデンのまま何も変えていない。
もう少し高いケーブルも手持ちにはあるけれど、試そうという気が起きない。
そもそもSS30はすらりとした貴族的なスピーカーで、嫌らしさや毒素は薄い。
しかし、このお世辞にも高いとは言えないケーブルを繋ぐことによって、
B級グルメ的要素がちょうどいい塩梅に効いている、気がする。
自己満足に過ぎないかもしれないけれど。

JBLが嫌いになってしまったどうしよう、もしくはSS30が見劣りしてしまったら?
当初は懸念があったけれど、今のところ両者はいい意味で拮抗している。

かつてサブスピーカーとして導入した機器達はJBLに敵わず、
結局すべて手放してしまった。
僕はオーディオは2〜3システム、
それも価格ではなく実力が拮抗したものを揃えるのが理想だと思う。
どんなシステムでも1種類では聴くジャンルが狭まってしまうし、
かといって多すぎると管理しきれない。
それもできればスピーカーの切替だけで済ますことができればなお良い。
アンプや入力系まで別系統のラインを望むのは、経済的にもスペース的にもちょっと厳しい。


と言うわけで、オーディオ的理想を実現した僕はレコード漁りに励むのです。



JUGEMテーマ:No Music, No Life


2014.10.23 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR